カナダ留学を無料サポート

就学ビザを取得して長期留学する

STEP1
成功する留学のために
滞在期間の長い長期留学を成功させるには、目的や目標をはっきりもつことが大切です。
仮に1年と期間を決めているのなら、その1年間で何を学び、どのような結果をもって帰国したいか、ということを明確にしておくこと。ただなんとなく語学学校に通っているだけでは、長期間いるとだれてしまい、思ったような成果が出せないこともあります。仕事や就職で必要な英語スコアや資格などのスキルを目指すのもいいでしょう。これだけはやる、と決めてスタートをきることが大切です。

留学をしたい、という気持ちは「自分の人生を切り開きたい」という漠然とした希望のあらわれでもあります。

ライトハウスは「留学したいけれど、なにをどうしたらいいのかよくわからない、いまいちハッキリした目標をもてない」という方にも、丁寧にカウンセリングをいたします。語学学校を決めていく前の段階で、何ヶ月もメールのやりとりをしながら相談にのるケースも少なくありません。困ったらまずはご相談。いつでもお悩みをお聞かせ下さい。

STEP2
留学資金の準備・見積もり
留学をすることを決めたら、どれくらいの費用を留学に当てられるのか・出発予定の時期までに準備できるかを計算して見ましょう。 資金は重要なポイントです。金額次第で滞在できる期間もできることも変動します。

ライトハウス留学センターを利用すれば、無駄な出費をおさえて最低限の費用で留学を実現することができます。 また、準備段階でも現地についてからも、うれしい無料のサービスであなたの留学を応援します。 資金の見積もりに困ったらまずはライトハウスへ。お気軽にご相談ください。

STEP3
留学期間・渡航先を決める
大学生の方が休学留学する場合は6ヵ月から1年未満となりますが、何年にもわたる留学・現地の大学卒業・就職を目指す人までかなりの個人差があります。
たんに語学の上達をめざす場合であっても、どれくらいのレベルを目指すのかによって期間や場所の選択も変わってきますので、 たとえば大学卒業等の目的がある場合、5年間以上の留学になる場合もあります。
自分のライフプランを見すえながら、就職・仕事復帰や家庭環境の変化などのタイミングを考慮することも大切です。 女性の場合、結婚後・出産後などは留学しにくくなります。
慎重に、しかし時期を逃さないように決定しましょう。

場所も重要なポイントです。自分の目的を達成しやすい場所に決定しましょう。 語学学習最優先で学校・プログラムを中心に選ぶのか、観光やアクティビティを中心に行くのかなどで滞在都市も変わってきます。 数ヶ月ごとに滞在地を変えながらカナダ全土やアメリカの学校を点々とする方もいます。
ビクトリアは昔から世界各地からの留学生がとても多く、語学学校の種類も豊富です。 また、美しく温暖な環境を求めてセカンドライフを送るために移り住む人も多くいますので、 若い学生だけでなく幅広い世代の方におすすめの街でもあります。 日本の雑踏を忘れ、美しいのどかな環境で英語を集中して勉強するには最も良い場所です。

期間や場所を決めるには、経験者のアドバイスをきくのが一番。 ライトハウス留学センターのスタッフももちろんカナダ留学を経験しています。お気軽にご相談ください。

STEP4
語学学校の情報収集→決定
ここまでのステップで具体的に目的や期間が定まってきたら、次は学校探しです。
自分のプランにぴったりの学校を探しましょう。

ライトハウス留学センターには、現地エージェントならではの新鮮で豊富な学校情報がたくさんそろっています。
あなたのプランにもっとも近い学校を一緒にお探しします。「ここは?」と思ったら、お気軽にご相談ください。

STEP5
入学手続
行きたい学校・コースが決まったら、いよいよ学校への入学申請を行います。 英語の書類の作成や送付など、慣れていない場合は間違った申請をしてしまいかねません。
大手エージェントでは別途手数料が必要になる場合もありますが、ライトハウスはすべて無料で代行いたします。 もちろん日本語での対応になりますので、間違いもなく早くて安心です。くわしい手順はこちらをご覧下さい。
STEP6
授業料のお支払
学校へ無事に申請が通り、インボイス(請求書)が発行されたら授業料等の入金を行います。
就学ビザの申請には必ず事前の入学手続き完了が必要となります。申込金だけで手続きが可能な学校もありますが、私立学校の場合はほとんどの場合、」申し込み期間分の全額一括支払いが必要になります。
この時点で多額の資金が必要になりますので、ご両親に支援を依頼する場合などは事前によく話し合っておくことが必要です。
決済にはクレジットカードも利用できますが、海外での多額決済には事前にカード会社へ限度額の引き上げを依頼しておく必要もあります。

弊社では、日本のレートに換算した独自の請求書は発行致しません。学校の発行した請求書原本をお客様にお送りいたしますので、明細もきちんと把握でき、上乗せがないことも確認していただけるので安心です。
日本の銀行から送金する場合を除き、入金手続きは英語でのやりとりになります。もちろんライトハウスがお手伝いいたします。請求された授業料以外の手数料は一切必要ありません。 くわしい手順はこちらをご覧下さい。

STEP7
就学ビザの申請
6ヵ月以上の長期留学を予定されていて学生ビザが必要になる方は、学校から入学許可証が発行されてからビザの申請を行います。 ビザの発行には時間がかかりますので、その期間を考慮に入れて入学申請も早めに行わなければなりません。
ビザの申請も用意する書類が多く、初めての方は戸惑うことも多いでしょう。 ライトハウス留学センターは、ビザの申請ももちろん無料でお手伝いいたします。
STEP8
ビザセンターでのバイオメトリクス情報提出
STEP9
渡航・滞在の準備
ビザの申請を終えたら早めに航空券を手配しておくと安心です。
出発日が近ければ近いほど高い航空券しか取れなくなったり、希望日に出発できなかったりしますのでご注意下さい。
滞在先の決定もこの時期に行います。ホームステイをご希望の方はライトハウスがご紹介サービスを行っていますのでぜひご利用下さい。
また、保険や荷物の準備も忘れずに。くわしくは渡航・滞在の準備をご覧下さい。
STEP10
入国審査・乗り継ぎ
いよいよ飛行機に搭乗!日本の空港発の機内には日本人の客室乗務員がいることがほとんどですが、降りたところはすでに「海外」。英語しか通じないセカイになります。
ビクトリアまでは必ずバンクーバーなどカナダの主要空港(またはアメリカのシアトル空港)での乗り継ぎが必要です。
留学の最初の関門は乗り継ぎと入国審査!
カナダの入国審査は年々厳しくなっているようです。英語を使って初めてのやりとりが、空港の入国審査官との会話!なんてことも。
初めての空港で戸惑ったり、英語で問い詰められて頭が真っ白になったりしないように・・・。空港での必要な手続き・必要になる英語などは事前にしっかりチェックしておきましょう。
STEP11
到着したら
無事にカナダに到着したら、まずはライトハウスのオリエンテーションをうけましょう。
基本的な生活の知識から、学校の授業について・ホストファミリーに関すること・在留届の提出方法など、 後々の困惑を避けるために必要な情報・心構えをお伝えします。
こんなサービスも現地オフィスがあるライトハウスならでは。オフィスには無料で利用できるサービスがいっぱいです。